人気ブログランキング |

一人で色々つぶやきます。


by hitorincom2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

第九話:ファインダーからのぞく事実

今年の短い夏休みは屋久島にした。縄文杉までぜひ行きたかったのと、カヌーをしたかったのと、大好物のアップルマンゴー&パッションフルーツをたくさん食べたかったからだ。
カメラでたくさんの縄文杉や息子を撮った。動画でも静止画でも撮った(下記参照)。

しかし、撮りまくりながら「あ、またやってしまった。。」と思った。
せっかく縄文杉がそこにあり、すばらしい森の中にいるのに、ファインダーごしにしかその場にいない自分に気がついたのだ。
撮ることにいっしょうけんめいになると、目の前にあるモノやヒトを体全体で五感で感じることがおろそかになる。つまり、「見ているのに見えていない」状態になる。
こういうことはこれまでも何度かあった。ホエールウォッチングをしているとき、実践研究仲間がポスターセッションしているとき、息子の運動会のとき、決定的瞬間はいつもファインダーごしだった。

---

学習場面で子どもたちが見学や取材に行ったときはどうだろう?せっかくの体験のほとんどすべてを体で感じないで、撮影に終始する(させられる)ことはないだろうか?持たされた機器の扱いにふりまわされ気をとられて、何がその場で起こっているのか、結局はわかっていない、充分に感じていないということはないだろうか?
もちろん、取材活動のときにビデオカメラやデジカメ等のIT機器を使うな、と言っているのではない。子どもたちの「わかる」や「知りたい」をサポートする強力なグッズであることは疑いない。

しかし、それを最初から最後まで「使わせるのが見学や取材ではあたりまえ」という場合が特にIT活用バリバリ教師では陥りやすいのも事実だ。対象のモノ・コト、ヒトに触れることが目的なのか、IT機器を使いまくるのが目的なのかがわからなくなっている場合も少なくない。
状況によって子ども一人ひとりによってケースバイケースであるはずだ。今はどういう場面なのか、この子にとってどうなのか、この機器の特性は何なのか、子どもたちにとって慣れているのか、見通しとさじ加減を考慮する必要が教師にはある。
最終的には、子どもたちが自分でIT活用(「活用しない」という判断も含めて)の場を選択できる力をつけることが重要なのだから。
a0020963_0112945.jpg

by hitorincom2 | 2004-08-15 00:13