一人で色々つぶやきます。


by hitorincom2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
だいぶ前の更新から期間があいてしまった。ブログ本では、「更新が大事!」と自分で言っているのに。。ちなみに、ブログ本は9月8日(金)の読売新聞の朝刊で紹介されていた。ありがたい。
さて、関連する秋の研究会・セミナー等の情報第一弾だ。

メディア・リテラシー国際研究シンポジウムが9月24日(日)9:00-17:00(パーティ18:00-20:00)に学習院女子大学やわらぎホールにて行われる。
この取り組みは、2006年日豪交流年の公式イベントとして認定を受けている。
メディア・リテラシーの先進的な取り組みをしている西オーストラリア州の研究者、実践をお招きしての日豪合同セッションだ。私もパネルに登壇することになた。中村敦雄氏、藤森裕治氏、足立幸子氏 奥泉香氏、中村純子氏、入部明子氏など、私以外のメンバーはメディア・リテラシーと国語教育に関する第一線の研究者、実践者ばかりだ。せっかくお声かけいただいたので、精いっぱいがんばろうと思う。
シンポジウムのテーマは「これからのことばの学びには何が必要か」。
バリー・マクマホン氏、ジャン・マクマホン氏、ジュリー・キーン 氏などの講演は大変聞き応えがあると思う。申し込みは以下に。

-------------------
◇シンポジウム:2,000円(研究紀要代として)。当日申込も可能ですが、事前に「郵便郵替」についてご協力いただけますと大変に助かります。
◇パーティ  :8,000円。事前申込された方のみ参加できます。
◇シンポジウム+パーティー:10,000円。事前申込された方のみ参加できます。
ご参加の方は「郵便振替」にて、9月19日までに事前参加申込をお願いいたします。
○口座番号「00130-3-666339」
○加入者名「メディア・リテラシー国際研究シンポジウム」
 当日は、「北門」、および「会場」入場時に必要になりますので、「半券」(郵便振替払込請求書兼受領書)をお持ちください。
○シンポジウムについて当日申込で参加される方は、「北門」にて担当者にパンフレットをお示しになるか、その旨お伝え下さい。
[PR]
# by hitorincom2 | 2006-09-12 00:00
11日に、かごしま県民大学中央センターと鹿児島県マルチメディア教育研究会(鹿マ研)主催のフォーラムが行われた。
午前中に、ギャラリーにて教育実践や社会教育活動、高校生や企業のブース発表があり、午後には午前中の発表の中からコンペにより舞台での発表が企業・教師・生徒という3つのジャンルから1組ずつあった。北さんの実践発表はICTの効果的活用のポイントが端的に述べられていて実に良かった。
その後のパネルでは、園屋先生@鹿児島大学の絶妙なコーディネートで私を含めた4人の登壇者(富岡さん@鹿児島市立学習情報センター指導主事、益田さん@入来中学校、泊さん@加治木高校)により、「つけたい力、つけられる力〜コンピュータやネットワークを活用した学力向上の方策を考える〜」というタイトルで行われる。最後に私の講演。特にICTの効果的な活用と日常性についての関連に時間をさいて述べた。
当日は午前、午後で約400名の参加があったようだ。主催した鹿マ研をはじめとする実行委員メンバー(永正委員長お疲れさま!)の企画力と動員力のたまものだと思う。特に、高校生・企業・社会教育関係者、そして教員はじめとした学校教育関係者がいい割合で集まり、同じ土俵にたった(立てた)取り組みは秀逸だった。このやり方は、今後一つのスタンダードとして確立するのではないかと思う。
個人的にも、有村さん@霧島、野村さん@盲学校、渡邊さん、小島さん@宮崎に最後の最後まで大変お世話になった。ありがとう。
[PR]
# by hitorincom2 | 2006-08-15 02:22
そろそろ夏の研修の予定がつまってきたころかと思う。
以下に、関連の研修等の情報を載せておく。
県外に1つでも出てみてはいかがだろうか?


教育ソリューションフェア2006
7月24日(月)、25日(火)10:30−17:00
情報教育関連は25日(火)13:00〜
「IT教育日常化へのロードマップ」と題して
教室での日常活用、情報モラル、学校全体の取り組みなど
私の役割は全体のナビゲート
申し込みはこちら


松山市第2回情報教育研修会
7月26日(木)13:00−17:00
テクノプラザ愛媛大ホール
テーマ:「つなげ・ひろげよう」愛媛の情報教育−分かる・楽しい授業づくりをめざして−
内容:「校内ネットワークの活用講座」「ICTを活用した授業実践発表」「パネルディスカッション」など


D-project2(デジタル表現研究会)夏の全国会会研究会in北海道
7月29日(土)10:00−16:40
国語、英語、総合のワークショップ等
申し込みはこちら


情報教育セミナー2006
8月1日、2日
日本科学未来舘
主催:学習ソフトウェア情報研究センター
私の役目は、
1日(火)の「ユビキタス社会における学校と携帯電話の関係をさぐる」のコーディネート
西田さん、佐和さん、林さん、水谷さんが登壇
2日(水)の「授業におけるデジタルコンテンツの効果的活用」のコーディネート
佐藤さん、辻さん、岩崎さん、石井さんが登壇
招待券があるので、参加希望者は私まで連絡を


メディア教育セミナー
8月11日(金)10:00−16:35
主催:かごしま県民大学中央センター、鹿児島県マルチメディア教育研究会
場所:かごしま県民交流センター
テーマ:「今,求められるメディア活用術」?学力向上のためのコンピュータ・インターネットの使い方?
私は、パネルディスカッションと総括講演が役目


読解力セミナー2006
8月19日(土)
主催:金沢大学教育学部教育実践総合センター、石川教育工学研究会
場所:石川県野々市町フォルテ
PISA型読解力育成のポイントを6つの実践から明らかにしていく


情報教育ソリューションセミナー2006
8月23日(水)14:00−17:00
エプソン販売(株)東京・新宿
主催:JAPET
4人の教師の大判プリンタやチルドレンライブラリを活用した実践発表
画像活用のワークショップなど
私の役割は基調講演
申し込みはこちら
[PR]
# by hitorincom2 | 2006-07-19 01:22
教育ブログの本が発売になってから約10日。そろそろ反響もかえってきている。
著者陣が充実しているおかげで、6/20付けの明治図書書籍ランキングで15位になっている。アマゾンでも購入可能
編著者代表インタビューはこちら
[PR]
# by hitorincom2 | 2006-06-20 18:20
先週の火曜日から現地時間の土曜日まで、英国ブライトンにICT活用校の視察に行く。しかし、ブライトンのホテルでは(古くて?)アクセスできず。日本に戻ってからアップすることに。1校目はブライトン市内にあるFairway Primary Schoolを訪問した。

授業では
授業はちょうど3,4年の複式学級の算数のSUDOKUの授業をみた。どうも全校の人数と予算の関係でどこかの学年が少ないとこういう措置をとるらしい。予算の目安は350人で、それ以下だと、今回のような複式などの工夫を学校個々で検討するようだ。複式は上についていく意欲を高める上で良いというのが対応してくれた教頭先生の見解だ。ただ、明らかに今日見た授業では低位の2グループには授業内容がつらそうだったが。学級の人数は17人。4つのグループにわかれており、クラス内で習熟度別になっている。授業はいっしょに進めるが、TAがついていたり、問題がちがったりしている。

黒板とIWBの活用
ICT環境であるが、黒板の上にホワイトボードとIWB(e-黒板)が設置されている(写真参照)。この数年でどんどん従来の黒板からIWBの各教室への導入が進んでいるらしい。PJはあたりまえのように天つりだ。英国では、IWBが教室に入ると、これだけで授業をするパターンが多いらしいが、たまたま見た授業では、担任のMrs.S.Chambers先生は、ホワイトボードに、考え方を示すカードを順番に貼っていき、IWBでは、算数の問題を提示して、そこに子どもたちの発言(回答)を書き込んでいた。どちらかというと、日本的(?)な活用方法だが、これはめずらしいのかな?それにしても、教師の説明(発言)時間がどの授業も長い。この形式だと逆にIWBだけで黒板は必要ないかもしれないと感じた。

メディアに関する教育と国語
メディアに関する教育は国語(English)とLiteracyという科目の中にいくつか盛り込まれており、これをきっちり系統立てて行うのはいわゆる中学のころ(ステージ4)のMedia Studyという科目で、だ。(日本でこのきっちり系統立てては、本来高等学校の教科情報でやるべきだと思うのだが、教科書の内容、教員の意識、ICT環境の貧弱さなどが原因で、そうはなっていない)
アレンジしてくれたキースさん@ブライトン大学(奥さんはこの学校の音楽の先生らしい)によると、国語の中でデジタルカメラで学校の紹介や絵や写真と組み合わせたデジタル日記を作成しているが、メディアの特性と言語活動の関連づけを考えた授業を行っている教員は残念ながら少ないという。キースさんや同僚のアブリルさんは、もっとたくさんのメディアとふれる機会を小学校学年(ステージ1や2)のうちから作りたいと願っているようだ。

ICT活用指導力とICT環境
5年くらい前からイギリスの学校ではPC導入がさかんに行われている。3年くらい前にNew Opportunity Skillという全国一斉(財源は宝くじ基金)のICT活用に関する教員研修と認定制度が導入されたが、現在はなくなったようだ。結局、実施内容や徹底度に地域の差が出てきて、有名無実になった。スキルアップそのものを行うのは今も日本でもあるが、これはなかなか定着しないと思う。なぜなら自分の授業カイゼンに直結しないものを教員が本気で受け入れる切実感がないからだ。
日本もイギリスもスキル的な面は外部のテクニカルサポーターを充実させるべきだと思う。ここについても聞いてみた。イギリスは政府が昨年度は各校に9000ポンド、本年度は4000ポンドを配っている。しかし、これらは使用用途が決まっており、昨年度はハードに、今年度はソフトの購入に限られている。つまり、ここからテクニカルサポーターを雇うわけにはいかない。来年度は人につくかどうかはわからないようだが、野中さんによると、学校によっては、校長の力で人や予算をもってきて、テクニカルサポーターを何人もかかえている学校もあるようだ。
予算がたりない学校は活用授業が充実できずに悪循環になっている感じがした。

国語とメディアの関係、ICT指導力教員の問題など、もちろん背景等ちがうことも多いが、抱えている問題は共通点がだいぶあるように感じた。

今回、7人という大所帯での訪問となったが、現地にいる野中さん@和歌山大学には、学校のアレンジからアブリルさんご夫妻とのディナーまで、本当にお世話になった。ありがとう。
a0020963_08780.jpg

[PR]
# by hitorincom2 | 2006-06-19 23:56