一人で色々つぶやきます。


by hitorincom2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

7/28日(木)松山のテクノプラザ愛媛で情報教育研修会が行われる。
今回は情報教育にかかわる3組織合同の記念すべき第1回大会だった。
関係者の努力が実り、開催にこぎつけた。参加者も県内から約200名。
広い会場がいっぱいになった。
「国語の力を育むITの活用(国語)」「ふるさと松山と連動した地域データベースの活用(社会)」「デジタル顕微鏡カメラを使用した効果的な学主指導のあり方(理科)」「高浜中学校における校内LANの活用状況」の4つの分科会とそれを受けての私の講演だ。
複数の組織がそれぞれの歴史をもって動いている地域は今だに多い。授業にどう役立つ研究会を開けるか、横のつながりをどう作っていくか、課題はいろいろある。しかし、今回の愛媛・松山のように、懸案はあるけども、実現にこぎつけることが何よりも大事だ。

前日にこの3つの組織の中核メンバー約20名が私の到着を待って懇親会を開いてくれる。とても熱いメンバーがひっぱっていっていることを実感できた。
石田さん、お疲れさま。素敵な仲間に囲まれているね。
[PR]
by hitorincom2 | 2005-07-31 23:58
各プロジェクトが動き出したり準備に入っている。
NFKプロジェクトキックオフ。3人それぞれの視点をもちこんでのユニークな研究成果が期待できそうだ。切磋琢磨していきたい。国語と情報教育プロジェクトのさざまな打ち合わせ。メンバーはまさに国語と情報教育のコラボレーションだ。どんな化学反応が見られるか?青木部長、小泉CP@NHK。今後の方向性について意見交換。三田課長@松下財団。8月の松下財団の成果報告会は今年度もワークショップを予定している。流れがクリアになってきた。あと一度の打ち合わせで確定。黒川部長@光村図書。もろもろの作戦会議。情報教育研修会@静岡。議員も市のIT関連の課からも多く参加。D-project2005の動き出しに関するさまざまな打ち合わせ。デジタル放送企画委員会に関するいくつかのアドバイス。科学技術振興機構の16の研究協力地域を集めた合宿に関する打ち合わせ。シンポジウムは大成功。携帯電話の情報モラル教材プロジェクト打ち合わせ。論文指導の会のもろもろの段取り。D-project地域大会の鳥取と宮城それぞれの打ち合わせ。鳥取は三朝西小への校内研前日に打ち合わせ。夜の9時到着にもかかわらず、多くのメンバーが待っていてくれる。ありがたい。横浜市情報モラル講演会打ち合わせ。全校(約550校)の担当者が集まる。16ヵ所で行われるD-project夏の研修会等の講師調整。NHK番組委員会日程&内容調整。D-projectユニバーサルデザインプロジェクト会議内容打ち合わせ。

さて、「ひとりごと」の前話のコメントで有田さん@鳥取、さくあゆ@NEDがすでに触れてくれているが、コクヨから授業で使える「ユニバーサルデザイン教材キット」が発売された。これはD-projectとコクヨの共同研究として製品化された初の成果物だ。特に、白江さん@富山、山下さん@石川、生形さん@コクヨの努力が形になったと言っても過言ではない。さっそく7/1の日経新聞、7/4の日本教育新聞でも大きくとりあげられていた。
中にはUD文具と通常の文具(マグネット)が入っており、そのちがいが体験できるようになっている。また、授業ですぐ使えるワークシートや授業の流れの例まで入っている。8グループ分が1セットになっている。
また、D-projectでは、この教材を活用した実践メンバーも募集している。やってみようという方は新装開店されたD-projectサイトまで。
「ユニバーサルデザイン教材キット」のプレスリリースはこちらから。
教材紹介ページはこちらから。
7/4発売にもかかわらず、すでに注文された学校も多い。とてもうれしい。
[PR]
by hitorincom2 | 2005-07-09 12:53
D-project夏の研究会の季節がやってきた。
これまで横浜、熊本、和歌山で実施してきたが、今年は鳥取、宮城の2ヵ所で行うという初の試みだ。どちらもそれぞれの実行委員ががんばっている。鳥取は「パンフレット作成」「ニュース作り」「デジタルコンテンツ活用」など6つのコース別校種別ワークショップが、宮城は「校内IT環境」「気軽なIT活用」「学校間交流」という3つコースが用意されている。また、ちょうどどちらも祭りの時期が重なっている。観光と勉強、一石二鳥で楽しめる。もちろん私も駆けつける。
ぜひ夏の鳥取、宮城に!

【D-project夏の研究会 in 鳥取】

7月30日(土)9:30〜17:00
米子コンベンションセンター「ビッグシップ」
〒683-0043 鳥取県米子市末広町294
TEL:0859-35-8111
主催:D-project夏の公開研究会in鳥取実行委員会
後援:鳥取県教育委員会、米子市教育委員会
■参加費 2,000円(当日集金)
■懇親会 4,000円
■定員  60名
■連絡先:
有田 浩子 鳥取市立西郷小学校
〒680-1225 鳥取県鳥取市河原町牛戸14-1
mail: nai@bronze.ocn.ne.jp
三朝町立西小学校 田中靖浩
〒682-0121 鳥取県東伯郡三朝町大瀬1110
TEL 0858-43-0001 FAX 0858-43-2911
Emali:d-tori@tanapon.net
■日程(予定)
9:00  受付開始
9:30〜10:00 全体説明、D-Pro概要
中川一史(D-project総括、金沢大学教育学部助教授)
10:00〜11:30 ポスターセッション
第1部(実践発表)
第2部(実践発表)
第3部(企業プレゼン)
11:30〜12:30 昼食(弁当)
12:30〜13:30 操作スキル講座(フォトショップel、プレミアel)
13:30〜15:30 ワークショップ ※希望コース別
小【低学年】導入期のIT機器活用
(ちょっとした使い方で、授業が盛り上がります。)
小【中学年】パンフレット作成
(フォトショップelを使って実際に作りながら、パンフレットの構
造とキャッチコピーの付け方を学びます。)
小【高学年】ニュース作り
(プレミアelを使って、画像と音声で短いニュース番組を作ります。)
小【図工】画像編集
誰でもできる楽しい授業を提案します。
中(理科)デジタルコンテンツ活用
高(情報)CM研究
15:45〜16:15 勉強したことを伝え合おう
16:15〜16:35 まとめ(中川一史:D-project総括、金沢大学教育学部助教授)
16:35〜16:50 お楽しみ抽選会
17:00 解散
★申込はこちら


【D-project夏の研究会inみちのく】

8月6日(土)13:00-8/7(日)13:00
「エポカ21」
〒989-5612 宮城県栗原市志波姫新熊谷279-2
℡0228-23-0021(代)
主催:D-project夏の公開研究会inみちのく実行委員会 
共催:みちのく情報教育フォーラム 
後援:宮城県教育委員会
■参加費:5,000円
■懇親会 4,000円
■宿泊費:6,000円(1泊:朝・昼食付・税込)
■定員 :60名
■連絡先:
東北学院大学教養学部 教育学準備室内
D-project夏の公開研究会inみちのく
実行委員会事務局 稲垣 忠
E-mail tinagaki@mba.ocn.ne.jp 
TEL:022-375-1180 FAX:022-375-1160
■日程(予定)
【1日目】
12:30  受付開始
13:00〜13:10 開会・日程説明
13:00〜13:30 オープニングメッセージ
 中川一史(D-project総括、金沢大学教育学部助教授)
13:30〜14:00 実践事例発表及び課題提案
14:10〜15:10 ワークショップ1【計画しよう】
 ※希望コース別で行います。(各コース先着順20名)
  (1)はじめよう!「校内IT環境カイゼン計画」
  (2)あらわそう!「気軽なIT活用で表現力アップ」
  (3)つなげよう!「学校間交流学習のはじめの一歩」
 ※夏休み以降にすぐ実践できるプランを協同で考えます。
15:10〜15:40 情報教育を支援する企業による「アピールタイム」
15:50〜17:30 ワークショップ2【検討しよう】
 ※ワークショップ1の計画を、協同で検討し、深めます。
17:30〜18:30 諸連絡・チェックイン
18:30〜20:30 懇親会 ※恒例「プレゼントタイム」もあります。
【2日目】
9:00〜 9:15 日程説明と諸連絡
9:15〜10:00 ワークショップ3【深めよう】
 ※成果の発表に向けて、まとめをします。
10:00〜10:20 提案しよう!「マイプラン」
10:30〜12:00 25分模擬授業(授業をしよう!授業を受けよう!)
12:00〜12:20 講評(中川一史:D-project総括、金沢大学教育学部助教授)
12:20〜13:00 昼食・閉会セレモニー
13:00     解散
★申込はこちら
[PR]
by hitorincom2 | 2005-07-01 11:46