一人で色々つぶやきます。


by hitorincom2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2004年 12月 17日 ( 1 )

今週もいろいろあった。
学研NEWやりとり、ぎょうせい「悠」やりとり、財団やりとり、著作権協会久保田氏講演依頼やりとり、IPテレビ電話研究会連載コラム執筆、箕輪さん@NEDの先端授業&センター関係者への特別ゼミ、学部授業、大学院授業、石川&富山の教師対象の授業力ゼミ(長澤さん@松任・蕪城小発表)、研究科委員会(大学院の教授会)、センターゼミ、メディアコンテスト会議、カシオ来研、アイ・オ・データ細野社長&金子さん@NTTコミュニケーションズ打ち合わせ、スカイ来期の打ち合わせ、ベネッセ打ち合わせ、D-pro打ち合わせ、NHK社会科5年番組委員会、NHK新番組打ち合わせ。。。
授業力ゼミは来年の6月まで発表者が決定する。すばらしい!3月は木原さん@大阪市立大が来てくれることになる。
IPテレビ電話研究会連載コラムは来週で区切り。来週は真鍋かをりさんのコメントも掲載される予定。
------

突然だが、今日は息子の話を。
息子は現在中学校1年生。しかし、まだサンタさんを信じている。最初は実は知ってしまって信じているフリを?とも思ったが、どうやら本当にまだ信じているようだ。
「浜田(息子の仲の良い友達)のところにはサンタさんもう来ないらしい。ボクは保育園がキリスト教だったから来たのかな」
この保育園はとにかく子どもたちの夢を壊さないことには細心の注意を払っていた。プレゼントを24日までに親から集めてサンタさんから受け取ったということで24日に渡されるのだが、園児が読めないはずの園のお便りにも「例のもの」という暗号(?)が使われていた。子どもへのメッセージカードも筆跡がわからないように必ず左手で書くことなどが指示されていた。(こういうことに徹底するってすごいよね。)
その後も毎年サンタさんは2階の息子の部屋の窓のところにプレゼントを置いていく。昨年だったか一昨年だったか、朝、大騒ぎだった。「サンタさんが来た!窓のところの恐竜(の置き物)もまがってる(※芸が細かいでしょ)し、ベランダにトナカイのフンも落ちてる(※それは鳥の糞)よ!!」
もちろんいっしょに激しく驚いたけど。
そして、今年。もう中学にもなると何がほしいのかこちらにはわからない。先日も何気なく「今年はサンタさんに何をお願いするの?」と聞いてみた。
「もうちゃんと決まってるよ。だいじょうぶ、サンタさんはわかってるから!」

いや。。。だから、困るってば。。

※写真はメルボルン市内。ちゃんと「サンタへの郵便ポスト」も設置されている!
a0020963_10513974.jpg

[PR]
by hitorincom2 | 2004-12-17 10:53