一人で色々つぶやきます。


by hitorincom2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

第七話:相手意識を育てる

a0020963_25537.jpg
今日は久しぶりに息子と近くの自然公園にクワガタをとりに行った。
収穫はコクワとノコギリを5匹。ちょっと不満だなぁ。次回は行く時刻をもうちょっと考えないと。
しかし、昨年あたりから、息子と私どっちがおつきあいでクワガタとりをしているのかわからなくなってきている。本当に行きたいのはお父さんかも!

さて、学研NEWの私の連載「ちょっと言わせてもらおう」は前も書いたように「hitorin.com発」だ。そこではじめて今回は連載される前にこちらに次号掲載予定のものをアップする。やっとこれで「hitorin.com発」が実現できた。

------
先日、鳥取のある小学校の校内研究会に行った。
そこで授業が行われるクラスで給食もいただいた。
そのときに、横に座った男の子に「河原に温泉があるんだねぇ」という話をしていた。鳥取の方はすぐにおわかりだと思うが、三朝温泉のことである。あそこに一度行ってみたいと前々から思っていた。
「うん、あるよ。時間があったら行ってみれば?」とすすめるその子。
「行ってみたいんだけど、ここからちょっと歩くみたいだね」と私。
給食が食べ終わった頃、その子から1枚の紙切れをもらった。
見てみると、学校からその川にある温泉までの行き方が書いてある。つまり地図を書いてくれたのだ。よくよく見ていると、ランドマークである橋の他に、2つ載っている。
1つはお土産屋さん。私が温泉に入った後に寄ることのできる一番近くのお土産屋さんに印がついていたのだ。そしてもう1つは、貸しタオルの店。私がもし入ることになったときに困らないように、との配慮だ。
たしかに、地図は手書きでお世辞にもていねいとは言えない。しかし、はじめて河原の温泉に入るかもしれないし、帰りにお土産も買うかもしれないという私の状況を想定して、地図に盛り込んでくれたのだ。これぞ「相手を意識する」ことではないだろうか?「この」相手にとって、何が必要な情報なのか、彼なりに考えた結果があの地図なのだ。

プレゼンをするときにもやはり相手意識を加味して、と、教師は願う。
要点をわかりやすく伝えるという国語での取り組みももちろん大事だ。わかりやすい手段も見通しをもってスキルを鍛えていく。しかし、それだけでは相手意識は育たない。ましてや、「相手は〜〜ですよ。相手の立場も考えてね!」と言って、相手意識がつくのならことはカンタンだがそうはいかない。
さきほどの子が感じたような相手を想定するはめになるような文脈を学習活動の中でどうしかけていくかが重要だ。
相手によって表現をかえないければならない活動を入れることも良いだろう。さらに、リアクションの場を設定することも1つの手だ。特に小学校4年生以下の子どもたちにとっては、相手のリアクションがもらえてはじめて理解できることも多い。

いずれにしても、いろいろな場で横断的に意識をして入れていかないと、それこそ、相手意識は育たない。
[PR]
by hitorincom2 | 2004-07-18 02:54