一人で色々つぶやきます。


by hitorincom2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

第三話:中川流校内研究授業整理会の試み

a0020963_232438.jpg
学会発表は無事終了。反響があってまずは成功。携帯を活用するというネタが興味をひいている。さすがに携帯を学校で活用するという試みは、興味をもってくれた参加者の国(中国、台湾、カナダ、ケニア、オーストラリア、スイス、フランスなど)ではまだないようだ。もっとも日本でも教育現場でのモバイル環境の検討はこれからだろう。特徴を活かし学習活動にどうむすびつくのか、ふみこんで考えないと意味がない。今回の学会では、見つけた!と思ったら日本の例(長崎大学)だった。我がプロジェクトでは、授業事例の分類や子どもたちの意識の変容、教師の活用場面での配慮点など、起こったことを分析・調査している。それに対して、前出の長崎大学グループは携帯上で子どもたちが使える動植物のコンテンツを作成・提供している。研究対象が微妙にちがうので、今後どこかでリンクしてもおもしろいかもしれない。
さらに、一度フィンランドにも行く必要があるかも。
スイス最終日は、ルガーノから電車で1時間足をのばして、山内さん@東大、宇治橋さん@NHKたちとミラノ(写真)へ。歴史の重みを感じる街だが、さすが観光客が多い。ルガーノでは、我々以外あまり日本人はみかけないのに。

---

辻さん(大野町小)のHPにも中川研究室日記にも載っているが、6月18日に金沢市立大野町小学校の校内研究会があった(これから書く内容はこれらもあわせて読んでいくと、よりよくわかる)。授業者は講師の室谷さん。学校規模の小さい大野町小では、講師といえども授業公開の順番がまわってくる。でもそこがまたイイと思う。
誠実な授業ぶりにも好感がもてた。
教師集団の雰囲気も良好で、授業後も暖かくも厳しい指摘が飛び交う。
そんな中、定期的にこれから入ることもあり、今回から新しい試みを取り入れた。
授業を見る前に入り口で2色の付箋紙を校内の教師に配る。青は「なるほど!」、赤は「これは、、?」という内容を気づいたままに書いていく。必ず全員何か書く。1回の付箋紙には1つの内容のみを記入していくのが唯一のルールだ。これを終了後、模造紙に貼り、研究リーダーを中心にカテゴリー分けしていく。
さて、このやり方にどのような意味があるのだろうか?
私は以下の4つをあげたい。
1)整理会を印象批判に終わらせない。
さきほどの付箋紙で貼られたもの「のみ」をもとに、議論していく。ここが大事。あとから主観的な感想は受け付けない。その時みんなで書いたもので勝負する。それがたりなければ、見方がたりないのだ。
2)今日の授業で何が起こったか、たくさんの眼で授業を立体的に見ることができる。全員が書いているので、全員が発言するハメになる。全員が書くことにより、むしろ見た側の参観者の勝負になるのだ。付箋紙もなんとなく書いていても、青に書いた理由、赤に書いた理由をふりかえって述べなければならない。
3)カテゴリー分けを行うことにより、授業者は自分が行った授業の観点を振り返ることになる。また、原則として交通整理をするファシリテーターは研究主任(研究リーダー)にやってもらう。普通の授業後の整理会とちがって、観点を整理し、何が課題になっているのか、瞬時に判断し進めていかなければならない。研究主任(研究リーダー)にとっては、そういう鍛えになる。(大野町小では、今後も辻さんにこの役をずっとやってもらう)
4)この方法をとると、助言者による一方的な大岡裁きにならない。よく最後に指導主事や大学教官が出てきて、良かった悪かったを言われて一喜一憂している姿を見る。でも、最終的には校内の教師集団がどのように授業を見る眼をつけていくかが問われなければいけない。そのような意味で、この方法は良いと思っている。あくまでも主役は授業者を含めた校内メンバーのはずだ。

タイトルに中川流と書いたが、もちろんこのような方法でやっている学校もあるだろう。あえて中川流というならば、議論の最中に私がファシリテーターやメンバーに、木を見て森が見えなくならないように、つっこみをいれることかもしれない。
有田さん(鳥取)から中川研究室日記の方に「この方法の適性人数は?」と質問がきているが、これはやりかたにもよるだろうが20人が限度か。もちろん、観点別の分科会形式にしたり、観点整理までをやってあとは全体討議形式にしたりするとその人数は20人の限りではない。
いずれにしても、校内の授業検討ではいろいろな方法を試してほしい。
[PR]
by hitorincom2 | 2004-06-27 23:25