一人で色々つぶやきます。


by hitorincom2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

第七十九話:鹿児島県マルチメディア教育フォーラム

11日に、かごしま県民大学中央センターと鹿児島県マルチメディア教育研究会(鹿マ研)主催のフォーラムが行われた。
午前中に、ギャラリーにて教育実践や社会教育活動、高校生や企業のブース発表があり、午後には午前中の発表の中からコンペにより舞台での発表が企業・教師・生徒という3つのジャンルから1組ずつあった。北さんの実践発表はICTの効果的活用のポイントが端的に述べられていて実に良かった。
その後のパネルでは、園屋先生@鹿児島大学の絶妙なコーディネートで私を含めた4人の登壇者(富岡さん@鹿児島市立学習情報センター指導主事、益田さん@入来中学校、泊さん@加治木高校)により、「つけたい力、つけられる力〜コンピュータやネットワークを活用した学力向上の方策を考える〜」というタイトルで行われる。最後に私の講演。特にICTの効果的な活用と日常性についての関連に時間をさいて述べた。
当日は午前、午後で約400名の参加があったようだ。主催した鹿マ研をはじめとする実行委員メンバー(永正委員長お疲れさま!)の企画力と動員力のたまものだと思う。特に、高校生・企業・社会教育関係者、そして教員はじめとした学校教育関係者がいい割合で集まり、同じ土俵にたった(立てた)取り組みは秀逸だった。このやり方は、今後一つのスタンダードとして確立するのではないかと思う。
個人的にも、有村さん@霧島、野村さん@盲学校、渡邊さん、小島さん@宮崎に最後の最後まで大変お世話になった。ありがとう。
[PR]
by hitorincom2 | 2006-08-15 02:22