一人で色々つぶやきます。


by hitorincom2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

第二十話:教育フォーラムは教師の学びを拓いたか?

先週の金曜は、エプソン販売の原田取締役が退任の挨拶にわざわざ金沢まで足を運んでくださる。考えてみたら駆け出しの研究者の時に共同研究で声をかけてくださったのが原田さんだった。今の研究フィールドは原田さんと出会ったことで広がった。東茶屋街で一献。今後の原田さんも応援したい。

土曜日は、金沢大学教育学部フォーラム。統括だったので、会の構成、人選、交渉を行う。加藤君もワークショップの調整をがんばっていた。今回は学部のフォーラムとしてははじめて少人数のワークショップ形式を取り入れたので、地元小松市ではさすがに告知をしてもらったが、あとは口コミ。しかしそれでも約130名になった。テーマは「デジタルコンテンツが拓く子どもの学び」。二部構成で、まずは中川参事官の講演。情報教育の現状にとどまらず、デジタルコンテンツの各論にも触れてくださり、後のワークショップに関むすびついた。第二部のワークショップでは、「総合(D-pro)」「国語(光村)」「社会(NHK)」「理科(JST)」の4つの分科会にわかれ、小グループになり深める。発表者、司会者、指定討論者がすばらしく、どの分科会もクォリティの高い議論が行われた。人選にまちがいはなかった。
それにしても、参事官も矢原小松市教育長も最後まで分科会に積極的に加わってくださった。その姿勢に頭が下がる。
今回はたしかに参加者の意識も高く、しかも上記のキャストがピカイチだったので、ワークショップも充実したものになった。しかし、もし初心者が多かったとしても、表面的な気軽さだけでは明日からの授業への意識の変容にはつながらないと思う。デジタルコンテンツにかかわらず、ITの活用が自分の授業にどのようにむすびつき、どんな効果が得られるかについて、「ちょっとした違和感」を持たせられなかったら何も変わらない。カンタンに使えそうなものはその簡単さゆえに、IT初心者教師は、結局わざわざ使わなくても(黒板で紙で教科書で)まにあっているという状況から抜け出ようとはしない。
そうなると、今回のフォーラムのような「ゆさぶり」をかけつつ、気楽さについてはハード・ソフトの選択や学習環境の工夫(手間をはぶけるような)をうまくからめるような校内運営の全体のデザインをする必要があるのだ。
a0020963_10195576.jpg

[PR]
by hitorincom2 | 2004-11-24 01:04